FC2ブログ

夢枕獏「沙門空海唐の国にて鬼と宴す巻の一、二、三、四」

久しぶりに夢枕獏さんの小説を読みました。獏さん節です。
そういえば、夢枕さんの話は、密教がよく出てきていました。

謎めいた坊さん、空海さんが遣唐使で唐に学びに行き、なんと恵果和尚から密教を継いで帰ってきてしまうという実話をベースにしたお話です。玄宗皇帝、楊貴妃、阿倍仲麻呂の時代の話とリンクしています。ふしぎな術も出てきます。

1987年連載開始から完結まで17年。獏さんの話がみんな完結まで長いですよね。この本は完結してから発行されたので、一気に読めてよかった。結末を読んでいない獏さんの本、結構あるような気がします。完結してたら読みたいな。

映画もやってるので、見る予定。面白かった。

IMG_20180203_105803沙門空海1
IMG_20180203_105803沙門空海2
IMG_20180203_105803沙門空海3
IMG_20180203_105803沙門空海4





スポンサーサイト



万城目学「とっぴんぱらりの風太郎」

風太郎は藤堂家に仕える柘植屋敷で忍者をクビになったぷうたろう。

上司は采女。同僚は子供のころから柘植屋敷で育った蝉、常世、百市、
それから日本人2世の黒弓。

時代は豊臣秀吉の死後、家康が政権を完全に掌握するべく大阪冬の陣と
夏の陣で秀頼方に争いを仕掛け、大阪城落城となるところあたりです。

万城目さん節で軽いのりがあり、もものけ瓢箪が出てきたりするのですが、
今回はシリアスな感じが強いです。

ダメ人間の風太郎がだんだんかっこよくなり、気づくと応援しています。
戦闘シーンはひやひやですがハードボイルド感もあります。

万城目さんの本はよく映像化されますが、とっぴんぱらりも登場人物の
キャラが魅力的なので映像のイメージがありますね。

面白かった。

20141019_120836とっぴんぱらりの風太郎2



京極夏彦「書楼弔堂 破曉」

テレビで魍魎の匣のアニメをやっている影響で、久しぶりの京極堂です。

時代は明治。主人公は古本屋「弔堂」の主龍典さん。本と探す人をつなげて
問題が解決するんですね。物語は元武士で無職の高遠さんの視点で
すすんでいきます。京極堂と関口くんの関係みたいです。

短編でそれぞれの物語に泉鏡花とか巌谷小波、じょん万次郎といった有名な
人が出てきます。勝海舟のしゃべりはおもしろかった。

本屋の話ですが怪も混ざって京極堂の世界を満喫。面白かった。

20140530_061923書楼弔堂破曉

誉田哲也「あなたの本」

7つの短編集です。
「帰省」はサスペンスな感じの現代の話。
「見守ることしかできなくて」は少しほっとする結末。
「天使のレシート」はほんとの天使が出てきて意外。星さんを思い出す。
「最後の街」は夢枕さんを思い出す世界の話。

ちょっとこわい話ですが、人のこわさだったり、人智を超えるところの
こわさだったりいろいろな話がありました。

20140504_153403あなたの本

万城目学「偉大なるしゅららぼん」

舞台は琵琶湖。またまた知らなかった裏の系譜があったのです。
湖の民、引き継がれた力。名づけの掟、秘密の鍵。 インディージョーンズか
映画を見ているような面白さ。情景がよいです。
私はこういう感じ好きだけど、映画になったらみんなも面白いかなあ。面白いといいなあ。
2012-07-07 10.56.23偉大なるしゅららぼん
プロフィール

nθmu

Author:nθmu
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR