FC2ブログ

真保裕一「灰色の北壁」

2014年9月27日、突然御嶽山が噴火し、山頂付近にいた多くの登山客が犠牲になりました。
ご冥福をお祈り致します。

真保裕一さんの山男の小説3編です。
一つ目は「黒部の羆」 元山岳警備隊の山小屋管理人のヒグマと、山岳警備隊、遭難した学生2人のお話。
学生はドロドロした思いを抱えながら命を預けあうパートナーとして登り、事故が起きた時に事実が
判明します。現在と過去がどこですり替わったのがわかりませんでした。

「灰色の北壁」 初登頂という栄光の疑惑のお話。疑惑が何なのか最後までわからず、最後の最後で
意味がわかりました。

「雪の慰霊碑」 息子を山岳遭難で亡くした男のお話。何故息子が登った山に登るのか、元婚約者が
死にに行くと考えたのか、こちらも最後の最後でわかりました。

面白かった。

20141012_083746灰色の北壁



スポンサーサイト



プロフィール

nθmu

Author:nθmu
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR