FC2ブログ

大竹聡「多摩川飲み下り」

大竹さんは雑誌「酒とつまみ」を創刊して、酒飲み本をいろいろ書いている方のようです。酒と競馬と野球が好きみたい。

飲み下りって楽しそうな言葉です。飲み下りって? 奥多摩駅から出発して、多摩川のなるべく近いところを歩いて、飲みます。前回の終点駅が次の回の出発駅で、最終的には河口まで下ります。旅も文章も肩の力が抜けた感じで、いいですね。

多摩川沿いなので、知っている場所が出てくるのも身近で、真似したくなります。

中河原駅の真仲は馬好きの店?狛江の籠屋という酒屋さん。武蔵小杉の玉やのくりから焼き、紫蘇巻き、特大ポテトサラダ。揚げ餅の思い出。面白かった

IMG_20170610_091226多摩川飲み下り


スポンサーサイト



司馬遼太郎「街道をゆく27 因幡・伯耆のみち 檮原街道」

初めて読んだ司馬さんの本は竜馬がゆくで、中学のころくらいかな。
評判の本でやっぱり面白く読みました。その後も何冊か読みましたが、話の合間に解説のような話が挟まり、勢いで読み進められないところがあります。なので、手軽に手に取れず、気が向いた時に構えて読む感じでした。

今回は小説ではなく、紀行文。地理と歴史と文化を、感じるがままに表現している感じです。感じる感性は経験と知性で別世界。表現は読みやすい言葉と文章、ですがわからない言葉がいっぱいありました。

因幡は鳥取県の鳥取市の方。伯耆は鳥取県の大山、米子の方です。
どちらも、広くは出雲の圏に入るみたいです。

石州瓦、大伴家持 律令制、砂鉄、因幡采女、万葉集、二十世紀梨、古事記 ワニ、亀井 茲矩(かめい これのり)、夏泊、岬、伯耆国倉吉、千刃、打吹山 一国一城令、福井貞子 木綿口伝、三徳山三仏寺、後醍醐天皇、綿 弓ヶ浜。

檮原街道(脱藩のみち)は別の場所のはなし。
高知県で、愛媛との県境にちかいところ。檮原の人と、脱藩した人の話も面白かった。

また、行く所の「街道をゆく」を読みたいですね。面白かった。
20160927_055058因幡・伯耆のみち 檮原街道


 
プロフィール

nθmu

Author:nθmu
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR