FC2ブログ

謝雅梅「台湾人と日本人」

ほぼ同世代の謝雅梅シェ・ヤーメイさん。
日本はバブル後、台湾は自由化と経済発展著しい1999年に発行の本です。

台湾という国をいかに知らなかったかを知りました。若い時の2、30年前、情報が少なく興味がなかったからでしょう。
本省人と外省人と原住民のこと、李登輝総統のこと、台湾と日本、台湾と中国、日本と中国の関係のこと。
民族の感情や性格のこと。

日本に留学し、仕事の経験を通じてリアルな感じたことを書かれています。
読みやすくてためになりました。
近くの国台湾のことをいかに知らないかを知ったことが一番ためになったと思います。

20160625_092938台湾人と日本人
スポンサーサイト



小林聡美「アロハ魂」

小林聡美さんがハワイ島に行った時の話。
協力にJALグループ機関紙「SKYWARD」とあります。
旅雑誌の軽い読み物のような本です。

ヒロ、パーカー牧場、ツナミ博物館、キラウェア火山、ワイピオ渓谷、コナ

マサラダ、パンケーキ、ワッフル、ポキ、フリフリチキン

フラ、乗馬、ロミロミ

体験話でした。

20150802_125239アロハ魂

椎名誠「ナマコのからえばり」

年末年始に向けて久しぶりに椎名さんを準備して、年末の1冊。
相変わらずの椎名節で、安心して楽しみました。

サンデー毎日2007年から2008年に連載されたコラム話です。

週刊文春の新宿赤マントが長く身辺雑記話を書いていたので、サン毎は
企画もののお話にしたそうです。言われないとあまりわからなかったけど。

「最高級、ビュルゴー家のシャラン鴨のロティ、幻の卵の半熟蒸し、
 お魚のポアレに彩野菜の軽い煮込みを添えて」

「山梨牛の薄切りと水戸玉葱の醤油煮、南浦和風、生玉子を添えて」
「ラ・プラタ水系のメガネカイマンの塩焼きグアラニー風、パルミットの水煮を添えて」
「野生カリブーの超新鮮まだ少し温かい生肉。胃袋じかどりの苔の酢の物を添えて」
「砂トカゲの蒸し焼きアボリジニ風。ウィッチディクラブの青汁を添えて」
「メコンデリタ産の純正コブラサンド・カリカリ風味。お好みのハーブを添えて」

やっぱりくせになりますな。
20150104_191719ナマコのからえばり

真保裕一「夢の工房」

アニメ制作の仕事をしていたんですね。当時のこととか取材のこととかのお話。
いろいろな場面、時代に書いてきたエッセイをまとめたような本で、少しまとまりに欠けているかな。
書下ろしの短編小説が入っていて、わたし的にはそれが一番面白かったかも。

能力がある人は小説もアニメもできるのですね。ディックフランシスという方がお好きなようですが、私は読んだことがありません。

ホワイトアウトの初日舞台挨拶で、真保さん来ていたのを思い出しました。小田さん、佐藤さんがいたと思いましたが松島さんは来ていなかったような。映画をもう一度見たいと思いました。

そういえば、少し前に読んだ奥田さんのアテネ観戦記でバント作戦に憤慨していましたが、真保さんもその4年前のシドニー観戦記でバント作戦を残念に思っていたのでした。

2012-07-20 21.05.19夢の工房

万城目 学「ザ・万遊記」

万城目さんのお手軽エッセイです。渡辺篤のたてもの探訪好き、でサッカー好き。
2012-02-05ザ万遊記

プロフィール

nθmu

Author:nθmu
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR