FC2ブログ

ジョン・ル・カレ「ティンカー、テイラー、ソルジャー、スパイ」

寒い国から帰ってきたスパイが面白かったので期待していたのですが、厳しかった。
何が厳しいかというと、翻訳の難しさと人の名まえ。
同じ登場人物でファーストネームで書かれた数行後はセカンドネームで書かれるので、わけがわからなくなります。
いろいろなところでつまずき、たぶん面白い話なのですが読み続けられませんでした。

IMG_20180914_225332ティンカーテイラー

スポンサーサイト



ジョン・ル・カレ「寒い国から帰ってきたスパイ」

原書は1963年出版、生まれる前です。
英国のスパイ組織、東西ドイツ分裂時代。
主人公はリーマス。 翻訳本は人の名前を認識するのが大変です。久しぶりの翻訳ものでしたが、なんとか乗り越えました。

お話は、時代が感じられ、ミステリーがあり、隠語の世界があり、面白かった。

知りませんでしたが、とても評価を受けた本です。

IMG_20180914_225322寒い国から

馳星周「パーフェクトワールド」

1972年沖縄の日本返還前の、沖縄が舞台の小説です。
うちなーちゅとやまとちゅ、アメリカーの関係。当時の沖縄の情況が伝わります。

やまとから来た悪い公安警察官、琉球独立運動、どこまでいくのか手に汗握るドラマでした。
面白かった。

IMG_20180630_113245パーフェクトワールド

誉田哲也「歌舞伎町ダムド」

ジウの後の話。新世界秩序、歌舞伎町セブンが出てきます。

東弘樹警部補が新世界秩序のターゲットになります。危うし東!!

またまた悪そうなやつが出てきて、止まりませんでした。

「ダムドくん」のセリフがちょっとはまりました。

20150329_183436歌舞伎町ダムド




馳星周「ラフ・アンド・タフ」

ハードボイルドです。
どうしようもないチンピラの健一が主人公。
子分格の浩二郎とつるんで明日の飯のタネを探します。

賞金稼ぎで探した女と一緒になり、ヤクザを相手の逃亡劇。

本当にどうしようもないのですが、過去がわかり、変わっていく姿を
見せてなぜか応援しています。馳さんのダークヒーローには不思議と
引き付けられます。

あっという間のドラマでした。

20150104_191754ラフアンドタフ
プロフィール

nθmu

Author:nθmu
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR