FC2ブログ

大沢在昌「B・D・T」

「賢者の本棚」で北上次郎さんが紹介していました。大沢さんの本は、新宿鮫から入ってアルバイト探偵(あい)など読んでいたけど久しぶり。好きな作家なので安心して手にとりました。2050年の東京が舞台。こんな世界が現実的にくる可能性があるのでは、と思わせます。ホープレス・チャイルド、新外国人法、多民族国家、直下型大地震、ベイエリアのモノレール跡。一気に読みたかったけど、5分の通勤電車でこまぎれ読みでした。
DSCF4373-2.jpg
スポンサーサイト



プレジデントムック「賢者の本棚」

いろいろなジャンルの本が紹介されています。賢者がオススメの本を語る文章も、しっかり読み物になっていて一気に読めました。歴史、ミステリー、経済、伝記、恋愛、サスペンス、エッセイ、科学、スポーツ、漫画など。落語の本の話を読んでいると、今まで全く関心がなかったけど興味がわきました。家に置いておこうと思う雑誌です。
DSCF4376-2.jpg

浅田次郎著・監修「浅田次郎とめぐる中国の旅」

副題は「蒼穹の昴」「珍妃の井戸」「中原の虹」の世界。写真が豊富。今年5月北京にツアー旅行をしたので、記憶に新しい場所がけっこう出てきました。紫禁城は赤壁のイメージですな。初めて聞いた浅田さんの語りも良かったですよ。満州にも行きたいね。
DSCF4289-2.jpg

坂入尚文「間道」 ~かんどう 見世物とテキヤの領域 

何故か会社の書庫にあった本。この本に関係する人がいるのでしょうか?
DSCF4292-2.jpg
いろいろな言葉があります。いろいろな世界があります。

香具師<やし>(的屋<てきや>、テキヤ)  コロビ:旅をするテキヤ
高町<たかまち>:露店が並ぶ祭り  大高<おおだか>:特に大きな祭り  ボサ高:小さな祭り
見世物小屋:高物<たかもの> 藪<やぶ>:お化け屋敷  
大荷<おおに>~サーカス  中荷<ちゅうに>~藪  小荷<しょうに>(小物<こもの>)~見世物小屋
三寸:露店  屋茶<やちゃ>:茶屋  人代<じんだい>:客層  宵宮<よみや>:夜宮
ネタ:商品 グラシ:人寄せの仕掛けやディスプレイ  テッカリ:裸電球  
泥幕<どろまく>:小屋のまわりを囲む幕
土場<どば>:所場<しょば>  寝小屋<ねごや>:逗留用テント  ヤサ:空き家
太夫元<たゆうもと>(荷主):一座の長

飴細工師 針金細工師<がねし> チンドン屋  タコ焼き屋
常呂<ところ> 八雲<やくも> 白糠<しらぬか> 藻琴村<もこと
権現堂の桜 清水欣哉(椿譲二) 
五霞:テキヤが「入ったら出てこられない場所」



京王線全駅ぶらり旅

2010年11月23日 以前、多摩川支流の大栗川を地図で上流にたどっていた時に「絹の道」を発見していました。資料館がある事もわかっていたのです。天気がよいのでぶらり本を借りて、行ってみました。
DSCF4290-2.jpg  DSCF4291-2.jpg

聖蹟桜ヶ丘から京王堀之内までバスで、南大沢まで京王線で、多摩ニュータウンの近くまでバスで移動。そこから絹の道へ、地図を片手に散歩していきます。

途中、鑓水公園というところを通った時に、何かの撮影をしているのを見ました。
絹の道に行くと、さっき遭遇した撮影隊がいました。後日「Q-10」というドラマで、映っていました。

北野駅まで歩きましたが、天気も上々で、なかなか良い散歩でした。
プロフィール

nθmu

Author:nθmu
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR