FC2ブログ

池上彰「わかりやすく技術

タイミングが悪くて、図書館で2回目に借りてやっと読み通せました。もう少しじっくり見たいのだけれど、予約待ちがあるから延長ができないのです。
いい感じの本です。自分の弱みをついた的確なタイトル、「わかりやすく伝える技術」。読むとこのタイトルのつかみの上手さも、考えられた言葉でありセンスなのだと感じます。
思いだすためのメモとして本文を引用。
・まず、ざっと話したい要素を書きだす。→リード作る→目次を作る→一度書いてみる→どこを図解すればいいか 考える→パワーポイントを作る→パワーポイントにそった原稿に書き直す→その原稿を箇条書きのメモにする。
・矢印は、「因果関係」「時間経過」「移動」で使い方を変える
・つかみ、どの要素をパワポにするか、最後に冒頭のつかみにもどる、3分なら言いたい事を先に言う
・3の魔術、ノイズをカット
・時間感覚を身につける。パワポ1枚説明30秒。リハーサル、話す相手を見る見方
・「そして」はいらない、接続詞を極力使わない
・「見出し」になるキーワード。キーワード力。つかみになる、相手がメモをしやすい言葉
・読む原稿は修飾語は後からつけたす。
・腹式呼吸。

DSCF5233-2.jpg


もういちど借りようかな。
スポンサーサイト



電気に頼らない涼しい生活

2011.3.11東日本大震災でおこった福島原発事故、そこから始まった電力不足。この本は2011.6.30 発行です。世間の関心を察知して、すばやく出版したのですね。第1章はそこそこ参考になりますが、全般的に新しいネタもなく、タイムリーな話題だから読んでしまうのでしょう。

DSCF5235-2.jpg

ジャレド・ダイアモンド「銃・病原菌・鉄 下」

少しインターバルを置いてから、下巻を読みました。上巻で結論を知っていた事もあり、強いインパクトはなかったのですが、人類が今の人に至る歴史の、こういう見方があったんだという感動はじっくり深まる感じです。
インターネットや車の発明は画期的な事で、車を持つ社会やインターネットを持つ社会は進んでますね。でもそれを発明したり使ったりする人は何千年昔の人と何も変わらないっていう事は、この本を読む前から思っている事で、この本を書いた人と感覚は同じだと思いました。

食物の栽培、家畜の飼育、食料を楽に得られる方法や技術を持ってきたこと。食物をより楽に得るためなのか、食物が楽に得られるので余裕が出たからか(卵か鶏か)、社会がだんだん大きな組織化してきたこと。ダイアモンドさんの言う話はなかなか説得力があります。

今の日本の食料事情、飢えがなくなると人口が爆発するという道理。食料やエネルギーはエリアや大陸でバランスがとれないと、世界全体でバランスをとるのはとても難しいし、無理がある。社会的なコントロールは社会をコントロールする役割の人が頑張ってほしい、なんて事も思います。まかせてばかりでもいけないのですが・・・政治もむずかしいですな。

DSCF5232-2.jpg


浅田次郎「日輪の遺産」

今年、2011年夏の終わりにロードショウ公開するんだね。
終戦直前のお話で、昭和天皇ヒロヒトとかマッカーサーとかホテル・ニュー・グランドとか出てきます。浅田さん、シリアスなお話なんだけど希望があって明るさがあって、惹かれるんですね。文庫版のあとがきを見たら、若かりしころの作品で今ならこうしたらという所が多々あったけど、若さの勢いを残した方がいいからそのままにした、とありました。言われてみると「若書き」の勢い、伝わってました。
よいお話です。映画も楽しみ。

DSCF5228-2.jpg

ジャレド・ダイアモンド「銃・病原菌・鉄 上」

題名にキャッチされます。GUNS,GERMS,AND STEEL 一万三千年にわたる人類史の謎 === まだ下巻の途中です。どんな本か説明が難しいと思ったら、表紙裏の文章が要約していたので引用します。「人類は・・・高度な工業化社会もあれば、伝統的な農耕牧畜生活を営む人もいる。数千年にわたって狩猟採集生活をつづける人もいる。なぜ人類社会はこれほど異なった発展の道筋をたどっかたの。世界の地域間の格差を生み出したものの正体は何か。この壮大な謎を・・・解き明かしていく。」 
いろいろな話が詰まっていて興味深い話がどんどん出てきます。

第2章マオリ族とモリオリ族の件はなかなかのインパクト。 ヨーロッパ人がインカやアステカをはじめ南北アメリカ大陸、オーストラリア大陸などを征服したのは病原菌が 大きな要因になったこと、なるほど。 馬があることは、大きな戦力であったこと、なるほど。

何千、何万という時をかけて、食料を得る方法(栽培種の育成、家畜化、食料生産を組み込んだ社会制度など)が歴史的地理的に変遷していて、食料生産は、社会の違いの大きな要素になっているようです。

人類史、という歴史本は初めてですが、ダイアモンドさんと訳者の倉骨さんの話が上手で、読みやすいです。なんだか頭がよくなったような気になります。全国の中高生にもお薦めします。

DSCF5210-2.jpg
プロフィール

nθmu

Author:nθmu
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR