FC2ブログ

坂井修一「ITが守る、ITを守る」

著者は東大大学院の情報処理工学の教授であり、歌人。社会の中でITがどのように使われているかを、わかりやすくまとめています。水や電気と同様に、ライフラインとして情報通信インフラを守るべきということ。原発事故の情報開示についての考察。ソーシャルメディアの特徴など。あるべき話や将来話はなく、会社のITインフラについてのヒントはつかめず。システム障害は日常的に起こることだが、あってはならない事で、なくせるとみんなが思っていると、かの原発事故になってしまう。

2012-05-23 06.19.39ITが守るITを守る
スポンサーサイト



ジャレド・ダイアモンド上「文明崩壊上」

銃・病原菌・鉄に続いてダイヤモンドさん2冊目です。歴史の事例をもとに、文明崩壊の要因をいくつかあげていますが、中でも森林破壊がキーワードのような気がします。
事例:現代のモンタナ ①イースター島 ②ピトケアン島 ③北米のアナサジ族 ④中米のマヤ 
   ⑤グリーンランドのノルウェー人入植地
要因:①環境破壊(森林、土壌) ②気候変動 ③近隣の敵対集団 ④友好的な取引相手(支援の減少)
   ⑤環境問題の社会の対応
◆モンタナ・・・鉱業の衰退、鉱業による汚染、他所に比べて低い農業生産性、他所からの農産物の流入による農家の持続性減退、自然環境価値による富豪相手の不動産価値増大、森林保全の社会システムの機能不全、老朽化ダムの保守撤去不能状態
◆イースター島・・・石造、5メートル、最大20メートル。復活祭日にオランダ人が発見した島。他の島と交易ができない期間。人が住み始めた時は森林があった。木材不足で燃料、カヌー資材、食糧不足。孤立した時に島でかかえる人口を自給自足できなくなった。
ピトケアン島群 3島が交易により存続。交易が途絶えた時に崩壊。連鎖崩壊。森林破壊、環境破壊が進みながら人口が増え、入手できる食糧が、食べるものを変えてきたがついに人口を支える事ができなくなり絶滅した。
 マンガレヴァ島・・・石がない、カヌー製造できる樹木がある。農業適地ある。
 ピトケアン島・・・石がある
 ヘンダーソン島・・・水がない。樹木がない。カメ・海鳥の繁殖地(贅沢品)
◆アナサジ族・・・森林伐採、水利、気候変動、人口問題、輸出入に依存した複雑な非自立型社会、人口と勢力が頂点に達した後の急速な社会の崩壊。水がボトルネックの社会で、水問題を克服すると社会が発展する。ところが気候変動や意図せずに森林の復元速度以上に破壊により争いが起こり逆進する。効率的(複雑)な社会制度が崩壊。100年持続できても1000年持続するには、環境変動にも対応できなくては崩壊する。
◆マヤ・・・水資源問題の対策、食糧生産、階層化社会、政治的に小さな王国で帝国化していない。マヤ王国の人口は最高でもわずか二万五千人ないし五万人。土壌侵食、戦争と旱魃。
◆グリーンランド・・・入植したヴァイキングの絶滅。イヌイットは存続。キリスト教社会、イヌイットに学ばない。森林崩壊、鉄不足で軍事力低下さまざまな生産性の低下、船の製造できず交易できない。もともと厳しい生活環境で人口保有力が少ない。牧畜も環境に悪影響。 

2012-05-01 23.41.08文明崩壊上

伊坂幸太郎「ゴールデンスランバー」

伊坂さんの本は人が死にすぎたり過激なので、手を出すのに少し躊躇します。でもオモロイわ。舞台は仙台。カミさんの生まれたまちです。ザッツ監視社会、オモロイしかも深いね。

2012-04-26 21.41.10ゴールデンスランバー

東川篤哉「謎解きはディナーのあとで」

売れてる本でやっと読む順番がまわってきました。ちょっと期待が大きすぎたかな。きれいに謎といてくれるし人間関係もミステリーみたいなんだけど、ちょい乗りきれなかったかな。でも面白いよ。期待が大きすぎただけ。

2012-04-19 21.28.43謎解きディナー

内澤旬子「世界屠畜紀行」

ITパスポート試験とかぶって時間切れで完読できていません。いずれ続きを読みたいですな。内澤さんなかなか熱く語ります。テーマと情報量よいです。

2012-03-20 14.26.15
プロフィール

nθmu

Author:nθmu
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR