FC2ブログ

奥田英朗「オリンピックの身代金」

今まで読んだ奥田さんとは、少し趣きが違っています。 面白い。

クライムノベル、犯罪小説、警察小説、2つの時間と視点が同時並行、オリンピックの時代の匂い、家庭の話。
いろいろな要素が面白くて、主人公がどんどん堕ちていくところでハラハラしました。

お話は、題名の通り。

2012-06-15 20.51.16オリンピックの身代金
スポンサーサイト



奥田英朗「我が家の問題」

新婚なのに、家に帰りたくなくなった。

やりますね、最初の一行。6編の短編の、最初のお話 「甘い生活?」

どうやら夫は仕事ができないらしい。

これ2番目のお話 「ハズバンド」 の一行目。すばらしい。

後の4つもみんな、面白かった。

2012-06-03 22.59.54我が家の問題

# 谷腰欣司「トコトンやさしい 電波の本」

なんとなく、読む前よりは電波のイメージができたようような気がするかな・・・
電波とは「電磁波のうち赤外線以上の波長をもつもの。特に電気通信に用いるものをいう」
1秒間に1波長の周波数を1Hz(ヘルツ)という。波長は電波の振幅の山から山の長さ。

2012-06-02 16.09.41電波の本


日経コンピュータ201201「到来、ポストPC時代」

・オープンソースソフトウェア(OSS)のオープン系COBOL動作環境が登場
OSSコンソーシアムは2012年4月にもOSSのオープン系COBOL実行環境を公開する。
・インフラクライシス
日本の社会インフラのストック額は2003年時点で約700兆円。1960年代半ばから短期間でインフラ整備が進んだ。建物が築約50年で損壊の危険性が高まり、老朽化による設備の更新時期が今後20年に集中する。設備更新に合わせてITを活用した設備が導入されていくのだろう。インフラストック額を減らすとしても、更新需要は間違いなくあるので国内のチャンスの一つ。
・到来、ポストPC時代
専門職や現場に情報が届く。情報作成はオフィスでPC。情報活用はクラウド、シンクライアント、経営者、現場。
トライアルカンパニーの自社専用スマートフォン端末。
・”持たない”プライベートクラウド
富士通プライベートクラウドサービス 専用のハードを使うプライベートクラウドサービスでは、オーダーメイド型で構築したシステムを従量制で提供。ハードを共用するFGCP/S5では、閉鎖網で使えるdサービスを用意。
・社内ネットのスマホ対応を急げ PCと異なる認証・制御が必須
ステップ1:端末&ユーザ認証、ステップ2:アクセス制御、ステップ3:個人端末に開放
そのうちこうなるかな
・NTTコミュニケーションズ クラウド対応VPNでグローバルビジネスをバックアップするArcstar Universal One
・サミット 業務改革/システム刷新 
「150店舗体制」に備え基盤整備。パッケージと自社開発を併用。新基幹系ではメインフレームとオープン系に分かれていたシステムを統合。データの2重入力排除、POP作成効率化。WEB商談システム、棚割りシステムを構築。基幹系はパッケージを採用。システムの柔軟性を確保するために、サーバ側のマスタデータ管理を自社開発。
2012-05-29 06.16.20日経コンピュータ201201


小山薫堂「人生食堂100軒」

dancyuの「一食入魂」という連載が本になったやつ。小山薫堂さんてナニモノかわかりませんが、多才で文化人な方。文章もうまくて読書がススムのですが、高級なお店がどんどん出てきて世界が違う感じでした。高級料理を食べなれていますな。
帯広のランチョ・エルパソが出てた。
HOUSEは西麻布のココット料理
すき焼き、とんかつ、季節料理むらたは神田で、蛤鍋を食べてみたい
カーザ ヴィニタリアは麻布十番はずれのイタリアン?
中国料理 礼華は新宿
2012-05-29 21.46.23人生食堂100件
プロフィール

nθmu

Author:nθmu
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR