FC2ブログ

誉田哲也「武士道エイティーン」

武士道もエイティーンになりました。
高校生なら3年生で卒業したら大学生か社会人という、もう大人です。

16、17は宮本武蔵の磯山香織とお気楽不動心の西荻早苗それぞれの視点の物語。
二人が剣道生活の周りには同級生、他校生、先生、道場、武具用品店、そして家族がいます。

18は周りの人々の物語が混ざり合って、一味違った面白さです。

姉、西荻緑子
道場主、桐谷隆明
先生、吉野正治
後輩、田原美緒
の物語が入りながら、クライマックスは磯山と西荻の対戦、磯山と黒岩の対戦シーン。

卒業しても、二人は武士道に通じる道をいくのでしょう。

20130715_194523武士道エイティーン
スポンサーサイト



誉田哲也「武士道セブンティーン」

いやー、続きも面白かった。一気読みでした。

磯山香織のキャラが本当に面白くて、笑いもありの、勝負というか武士道の世界です。
コメディータッチのところがツボにはまりました。

剣道の話ですが、格闘技、スポーツ、競技、武道の話と思って読んでいると、
武士道はまた違うもののようなのですね。違いは何かはっきりわかりませんが、
物語の中でセブンティーンも考えています。


20130715_194510武士道セブンティーン





誉田哲也「武士道シックスティーン」

誉田さんなので最初は少し剣呑なところもありましたが、さすがに中高生なのでおそろしい事にはなりません。
むしろさわやか、むしろひたむきで明るさがあります。

戦う姿勢はジウを彷彿とさせるところがありました。誉田さんらしいところかな。
二人の主人公の心の声が絶妙で、面白いです。

剣道の事も少し勉強になりました。

20130713_195213武士道シックスティーン

誉田哲也「ハング」

捜査一係の堀田チームの掛け合いのテンポがよく、平穏な感じで話が始まります。
途中で差し込まれる、あやしい大物のあやしい会話。

中盤からわけのわからない息詰まる展開。スピード感があって、テレビの連続ドラマに
ありそうななさそうな。

誉田ワールドで面白かった。

20130707_104031ハング

誉田哲也「ヒトリシズカ」

短編かと思いきや、シズカつながりで話がつながっています。
初めの話でシズカの謎が出てきて、短編ごとに事件にシズカが関わっている事がわかってきます。

だんだん人の関係がつながっていき、過去は判明してきますが、シズカの謎は・・・

不思議な感覚になり、面白かった。

20130707_104043ヒトリシズカ
プロフィール

nθmu

Author:nθmu
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR