FC2ブログ

万城目学「とっぴんぱらりの風太郎」

風太郎は藤堂家に仕える柘植屋敷で忍者をクビになったぷうたろう。

上司は采女。同僚は子供のころから柘植屋敷で育った蝉、常世、百市、
それから日本人2世の黒弓。

時代は豊臣秀吉の死後、家康が政権を完全に掌握するべく大阪冬の陣と
夏の陣で秀頼方に争いを仕掛け、大阪城落城となるところあたりです。

万城目さん節で軽いのりがあり、もものけ瓢箪が出てきたりするのですが、
今回はシリアスな感じが強いです。

ダメ人間の風太郎がだんだんかっこよくなり、気づくと応援しています。
戦闘シーンはひやひやですがハードボイルド感もあります。

万城目さんの本はよく映像化されますが、とっぴんぱらりも登場人物の
キャラが魅力的なので映像のイメージがありますね。

面白かった。

20141019_120836とっぴんぱらりの風太郎2



スポンサーサイト



真保裕一「灰色の北壁」

2014年9月27日、突然御嶽山が噴火し、山頂付近にいた多くの登山客が犠牲になりました。
ご冥福をお祈り致します。

真保裕一さんの山男の小説3編です。
一つ目は「黒部の羆」 元山岳警備隊の山小屋管理人のヒグマと、山岳警備隊、遭難した学生2人のお話。
学生はドロドロした思いを抱えながら命を預けあうパートナーとして登り、事故が起きた時に事実が
判明します。現在と過去がどこですり替わったのがわかりませんでした。

「灰色の北壁」 初登頂という栄光の疑惑のお話。疑惑が何なのか最後までわからず、最後の最後で
意味がわかりました。

「雪の慰霊碑」 息子を山岳遭難で亡くした男のお話。何故息子が登った山に登るのか、元婚約者が
死にに行くと考えたのか、こちらも最後の最後でわかりました。

面白かった。

20141012_083746灰色の北壁



プロフィール

nθmu

Author:nθmu
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR