FC2ブログ

石破茂「国防」

石破さんが2002年9月~2004年9月の2年間、防衛庁長官を務めた時のことを
中心とした話です。

2001.9.11アメリカ同時多発テロ後のテロとの戦い、集団的自衛権、
2003.3.20イラク戦争~2011.12.14米軍完全撤収、自衛隊派遣、
2004.4イラク邦人人質事件、日米同盟、日米安全保障条約
当時どのような判断を行っていたか、わかりやすく説明しています。

防衛庁、自衛隊、内閣総理大臣の関係
長官の仕事が大変なこと。変えようとして頑張ったこと。
北朝鮮からの防衛のための体制づくり。ミサイル防衛MD導入の意味
自衛隊の役割、米軍再編と基地問題

政治家が自身の信条を伝える本としてもよくできていますが、
防衛判断のトップの話がわかりやすく書かれていて面白かった。

20150104_191731国防
スポンサーサイト



馳星周「ラフ・アンド・タフ」

ハードボイルドです。
どうしようもないチンピラの健一が主人公。
子分格の浩二郎とつるんで明日の飯のタネを探します。

賞金稼ぎで探した女と一緒になり、ヤクザを相手の逃亡劇。

本当にどうしようもないのですが、過去がわかり、変わっていく姿を
見せてなぜか応援しています。馳さんのダークヒーローには不思議と
引き付けられます。

あっという間のドラマでした。

20150104_191754ラフアンドタフ

椎名誠「新宿遊牧民」

椎名誠と周辺にうごめく人物たちの小説です。
小説の中に書いてありますが、昔の「哀愁の町に霧が降るのだ」という事実をベースに
した小説があってそんな感じみたいです。

本の雑誌、三角ベースのこと、八丈島、雑魚釣り隊のこと、新宿の居酒屋のこと、
そしてモンゴルの話などなどでてきます。

新宿のビルの上にモンゴルのゲルを建てる話なので、新宿遊牧民なのですね。
20150104_191828新宿遊牧民

椎名誠「ナマコのからえばり」

年末年始に向けて久しぶりに椎名さんを準備して、年末の1冊。
相変わらずの椎名節で、安心して楽しみました。

サンデー毎日2007年から2008年に連載されたコラム話です。

週刊文春の新宿赤マントが長く身辺雑記話を書いていたので、サン毎は
企画もののお話にしたそうです。言われないとあまりわからなかったけど。

「最高級、ビュルゴー家のシャラン鴨のロティ、幻の卵の半熟蒸し、
 お魚のポアレに彩野菜の軽い煮込みを添えて」

「山梨牛の薄切りと水戸玉葱の醤油煮、南浦和風、生玉子を添えて」
「ラ・プラタ水系のメガネカイマンの塩焼きグアラニー風、パルミットの水煮を添えて」
「野生カリブーの超新鮮まだ少し温かい生肉。胃袋じかどりの苔の酢の物を添えて」
「砂トカゲの蒸し焼きアボリジニ風。ウィッチディクラブの青汁を添えて」
「メコンデリタ産の純正コブラサンド・カリカリ風味。お好みのハーブを添えて」

やっぱりくせになりますな。
20150104_191719ナマコのからえばり
プロフィール

nθmu

Author:nθmu
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR