FC2ブログ

誉田哲也「あなたが愛した記憶」

冒頭からやばい男がでてきて、どうなることかと思います。

女子高校生、興信所の人、やばい男の事件を追う警察。

何か普通ではない話なのはすぐにわかります。
普通でないのは、記憶を子供に受け継ぐ人がいること。

すっきり終わる話ではありませんが、純愛もあり、はらはらして
面白かった。

20150822_224322あなたが愛した記憶
スポンサーサイト



百田尚樹「永遠の0」

テレビのバラエティ番組で、突然出演者のお笑いの人がこの本の
宣伝をしているのを見て、映画化もされて売れてる本ですが何か
うさんくさい感じがしていました。

作家の人もお騒がせの人みたいで、まあそれも作家らしいのかも
知れませんが。

そんなこんなで読んでいませんでしたが、ハワイに行く機会に持っていく
本を探していたらこの本を見つけて、帰りの飛行機で読みました。

零戦のパイロットで、最後は特攻隊に志願をして死んでしまうお祖父さん
の謎を、お祖父さんを知る戦友を探しあるいて話を聞き、お祖父さんの
生き様を見つけていくお話です。

テレビの人は大げさに感動した話をしていましたが、最後の方はなかなか
ぐっとくるものがあります。

面白かったですよ。

20150822_224335永遠の0

中西輝政「情報亡国の危機」

サイバーテロ対策なんかの話と思ったら違いました。

インテリジェンス・・・情報?諜報?の意味の説明から始まり、最後までインテリジェンスの
話だったかな。

イギリスの諜報活動というか情報機関というか、見習った方がいいという話があった。
そういった活動に日本人は拒否反応を起こしがちだが、国家の関係では常識で
このままではいけないよ、と言っています。トップに立つ人はインテリジェンスに詳しくないと
いけないと言っています。

イギリスと中国のインテリジェンスは進んでいるみたい。
外交官は表の世界なので、裏の人と交渉してはいけないみたい。
太平洋戦争の時に、日本の暗号がアメリカとイギリスにまるわかりでかなりやられた
というのは有名ですが、そんな話題もありました。

日本にトップ直轄の情報機関を作った方がいいという主張の本みたいです。

20150815_224827情報亡国の危機




小林聡美「アロハ魂」

小林聡美さんがハワイ島に行った時の話。
協力にJALグループ機関紙「SKYWARD」とあります。
旅雑誌の軽い読み物のような本です。

ヒロ、パーカー牧場、ツナミ博物館、キラウェア火山、ワイピオ渓谷、コナ

マサラダ、パンケーキ、ワッフル、ポキ、フリフリチキン

フラ、乗馬、ロミロミ

体験話でした。

20150802_125239アロハ魂

町田仁志+まついなつき「笑う英会話」

町田さんとまついさんは夫婦で、町田さんは英語できる人、
まついさんはできない人です。

それぞれの外国と外国語にまつわるヒストリーとエピウソードが交互に
自分語りされます。まついさんは漫画を描く人なので、漫画イラスト混じり。

英会話の本と思ったけど、言葉はコミュニケーションの道具という話で、
最後の方だけ、ポイントが書いてありました。
~英会話3コード理論~
①自分の意思を伝える
 ・○○をしたいのですが  Can I ~?
 ・○○したいです      I’d like to ~
②相手の意思をたずねる
 ・○○してくれる?     Cood you ~?
 ・○○はいかが?     Would you like to ~ ?
③会話の潤滑油
 ・どうも、どうもありがとう Thanks、Thank you
 ・すみません        Excuse me
 ・よろしく、おねがい    Please
~英会話 さらにプラス1~
①自分の動きを表す単語
 ・get  手に入れる(自分の領域内のものにする)
 ・have 持っている、持っている状態 (自分の領域内にある)
 ・give  (自分の領域から出す)
 ・take  (自分の領域内に入る)
 ・make つくる、構成する、予定をたてる  
       I’d like to make a reservation 予約をとりたいのですが
②ちょっと便利な代名詞
 ・stuff  自分にかかわるもの This is my stuff これは私のだよ
③会話をスムーズにする
 ・あいづち so、really、sure
 ・うながし I mean、You know
④状態を表す
 ・on  put on 着る get on 乗る
  off  take off 脱ぐ get off 降りる
 ・in
  out
⑤具体的な疑問(5W1H)
 whenいつ、whereどこで、who誰が、what何をwhyなぜ、Howどのように
20150802_095311笑う英会話

誉田哲也「Qrosの女」

題名ではどんなお話か想像できません。

最初に登場するのは、軽くてどうしようのない系の芸能記者。
悪いやつが主人公かと思いきや、結構後味もさわやかな感じでした。

芸能事務所とかCM撮影現場が出てきます。
一般の人がネットで扇動にされた人々に追い詰められていきます。

ネットの煽り、恐いですね。誰が裏で動いているのが、ブラックジャーナリストも
出てきて謎を追います。

枝の話も効いて面白かった。ドロドロにならず、救われてました。

20150802_095252Qrosの女


誉田哲也「増山超能力師事務所」

表紙のイラストはハイジの人のインパクトのある絵です。

シチュエーションがSFチックで、超能力者の探偵のお話です。
悟空のような無茶苦茶すごい能力ではなく、ほどほどだけど超能力
だからやっぱりすごい能力。

設定の面白さ際立ちますが、超能力が認知された世界だからこその
悩みや人間模様があります。

軽く読んで楽しみました。

20150728_213139増山超能力師事務所


プロフィール

nθmu

Author:nθmu
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR