FC2ブログ

エリック・ブリニョルフソン+アンドリュー・マカフィー「ザ・セカンド・マシン・エイジ」

2015年8月日経BP社発行 著者はマサチューセッツ工科大学のビジネススクール教授と主任研究員です。
テクノロジーが及ぼす影響について書かれていますが、経済政策、教育についても語られています。著者の職業柄だったことが、読んだかとでわかりました。
訳者村井章子さんの力もあると思いますが、理知的な語りで、読んでいる時に疑問反論が浮かんでこず読みやすかったです。

序文
・内燃機関が発明され、馬の需要は半世紀で88%近く減少した。
・ロボット、人工知能が次の10年で人間の労働者にとって代わる可能性は低い。長期的には機械でできない仕事はなくなる可能性はある。
・人間と馬との違いは資本を持てること。ただし資本の所有格差がある。
・経済における労働の役割が小さくなる中、経済のゆたかさをどう共有するか、格差の拡大にどう対処するのかを考える
第1章 人類の歴史の物語
・世界総人口のグラフと社会開発指数のグラフは一致している。産業革命を境にグラフの傾きがほぼ直角に変わった。
・蒸気機関の技術が寄与した産業革命は人類の歴史で「第一機械時代ファーストマシンエイジ」、そして今、コンピュータやデジタル技術による「第二機械時代」を迎えている
第2章 機械とスキル
・自動運転車は2002年のレースは散々だったが2010年にはグーグルカーが累計20万キロ走破、ハイペースで進歩。
・2004年は生身の人間の音声認識は困難との報告があったが、2011年アップルのiphoneには音声認識のsiriが搭載されている。
・グーグルの翻訳サービスは90もの言語に翻訳可能で無料。
・IBMのワトソンはクイズ王に勝利
(モラベスのパラドックス:一般通念に反して、高度な推論の実行にはコンピュータの演算能力をほとんど使わないが、ごく初歩的な知覚・運動スキルの習得には膨大な能力を費やすこと。人工知能やロボット工学の専門家が発見した)
・ブルックスのヒューマノイド型ロボットバクスターは、モラベスのパラドックスに挑戦する、人間のやる仕事をこなすロボットに挑戦
・コンピュータだけでなく周辺機器も進歩。3Dプリンタはさまざまな最終部品の製造にも活用されている。
これらのイノベーションは長い間ゆっくりとしか進歩していなかったが、突如として飛躍的な進歩を遂げた
第3章 ムーアの法則とチェス盤の残り半分
・ムーアの法則は集積回路の演算能力は指数関数的に、倍々で増大すること。集積回路だけでなく他のデジタルもそうなった。
・デジタル技術の進歩がこのところ急激に加速したように感じられるのは、ムーアの法則に従う指数関数的な高性能化がが実現した結果、コンピュータの性能が別次元に達したため。(注目すべき例外はバッテリ。バッテリは化学装置でデジタル機器ではないため)
・自己位置推定と周辺環境マッピングを同時に行うのは困難だったが、指数関数的な進歩で近い将来実現されるだろう。
第4章 デジタル化の大波
・ウェイズのサービスは目的地までの最短ルートをGPSだけでなくリアルな現地・ユーザ情報を加味してナビゲートする。
・デジタルマップ、GPS位置情報、ソーシャルデータ、センサー検出データを組み合わせたサービス
第5章 組み合わせ型イノベーション
・アイデアの組み合わせを見つける能力を増やすことが大事。
・イノセンティブはクラウド・ソーシング・サービスの一種で研究開発上の課題を抱える企業がインターネット上で解決を募り、最も優れたソリューションに賞金を与えるしくみで「オープン・イノベーション」や「クラウド・ソーシング」と呼ばれる。
・専門分野があまり関係なさそうな人の方がよい解決に近い
・スタートアップのアフィノフィは、選択しのセットの好きな方を選んでもらうことを繰り返すやり方で「人々の選好を短時間で探り出す方法をつかったマーケティングサービス。
第6章 人工知能とデジタル・ネットワーク
・AIでできることは増え続け、コストは下がり続け、小型のAIがあちこちに取り付けられて目に見えないところで活躍するようになる。
・セカンド・マシン・エイジの進行を加速させるもう一つの出来事は、地球に住む多くの人々がデジタルネットワークで相互に結ばれること。
第7章 セカンド・マシン・エイジのゆたかさ
・汎用技術は補完的にイノベーションを必要とする。補完的イノベーションの出現まで数年から数十年かかるため、この期間が技術の導入から生産性向上までのタイムラグ。電化時代もコンピュータ時代もこのタイムラグが見られる。
第8章 GDPの限界
・インターネットの情報や多くのアプリは無料。無料のモノやサービスは経済に価値を与えるがGDPに影響しない。
・生産性はGDPに基づいて計算されるので、無料のモノやサービスが増えても価値はあるが生産性が上がった事にならない。
・新しい指標の実用例として、人間開発指数、多次元貧困指数がある。もっと大幅な改善を期待
第9章 セカンド・マシン・エイジの格差
・技術により賃金と生産性は上昇したが賃金の中央値は上がっていない。成長の恩恵を受けた人と逆に下がった人がいて格差が広がっている。中央値の伸びが平均値を大幅に下回るのは、不平等が拡大していることが最大の原因。
・第一の勝ち組は高スキル労働者 企業がIT投資を行うと、新技術を生かすために組織や経営のありかたを見直すことが必要になる。組織やプロセスの再設計により、不要になる低いスキル労働者と求められる高スキル労働者があり、賃金に反映する。
・第二の勝ち組は資本家 資本偏重型の技術変化で資本家の取り分が増えて労働者の取り分が減少する。
第三の勝ち組はスーパースター
第10章 最強の勝ち組はスーパースター
・勝者総取り市場ではスーパースターが圧勝する。その市場が増えた原因は、1.デジタル化 2.通信・輸送技術の進歩 3.ネットワーク効果と標準化
第11章 ゆたかさと格差は何をもたらすか
・テクノロジーがもたらすゆたかさは、格差を埋め合わせできるというよりも、格差がゆたかさを減らす心配がある
・テクノロジーは構造的失業を出現させるかという問いに対して、取り組み不十分でそうなる事があるので、人間固有の価値創造能力を活用すべき
・グローバリゼーションの影響はどうか、オフショアリングされた仕事は定型的、反復的で組織化された仕事が多い。自動化に向かう通過点と言えそう
第12章 個人への提言
・人間は多彩な感覚と感覚に結びついたパターン認識能力によってデジタル労働者よりはるかに広い枠を扱うことがきる。この状況は当分続くと考えられる。
・学校に通っていない貧しい子供にコンピュータを渡すだけで、正確に読めるようになった。
・モンテッソーリ教育は、自主的な学習、さまざまな教具や動植物との感覚的なふれあい、自由な環境を特徴とする。グーグル、アマゾン、ウィキペディアの創始者がモンテッソーリ教育を受けていたことが知られる
・読み書き算数だけでなく、発想力、広い枠でのパターン認識能力、複雑なコミュニケーション能力を養うこと。そして可能な限り自己学習環境を活用するとよい。
第13章 政策提言
1.初等・中等教育を改善する(デジタル技術、先生の報酬と責任) 2.企業環境を整備する 3.求人と求職のマッチングを強化する 4.科学者を支援する(賞金) 5.インフラを整備する(世界から人材を呼び込む) 6.賢く課税する(ピグー税、超過利潤税)
第14章 長期的な提言
・ヴォルテールの名言「労働は、人間を人生の三悪、すなわち退屈、悪徳、困窮からすくってくれる」
ベーシックインカムは困窮からすくってくれるが他の二つには効き目がない。
・社会学者ウィリアム・ジュリアス・ウィルソン「仕事のない地域は、貧困な地域よりも悲惨な運命をたどる。・・・すなわち犯罪、家庭の崩壊、福祉や社会的つながりの欠如などは、基本的には仕事がないことに起因する。
負の所得税は、最低所得保障と就労のインセンティブを組み合わせた措置と言える
・アマゾンはサイトの商品重複をアルゴリズムだけで全部見つけて削除するのは難しいので、重複の可能性の高いページを見つけて人間に教えるソフトを作り、削除の最終判断は人間が行うことにした。このやり方はうまくいった。
・プロセスを意図的に、クラウドソーシングで労働集約的にする。
第15章 テクノロジーと未来
・リスクは格差の他に副作用がある。大規模災害、攻撃など
・特異点は近い
IMG_20170129_133857セカンドマシンエイジ
スポンサーサイト



プロフィール

nθmu

Author:nθmu
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR