FC2ブログ

アルバート=ラズロ・バラバシ「新ネットワーク思考」

2002年発行で著者は1967年生まれで35歳の時です。
ランダムなネットワーク
強い絆のクラスター同志が弱い絆で結ぶつくネットワーク
ずば抜けて多くのリンクを持つハブの存在=社内のコネクター wwwではヤフーやグーグル
パレートの法則 80:20の法則 国土の80%は20%の人が所有 ウェブのリンク数もべき法則に合う
べき法則に従うネットワークをスケールフリーネットワークと呼ぶ

ランダムネットワークの例:アメリカの高速道路地図 都市がノード、都市をつなぐリンクが高速道路とすると均質なネットワークと言える。ほとんどのノードはよく似ておりほぼ同数のリンクを持つ。リンク数の度数分布にはピークがある。
スケールフリーネットワークの例:アメリカの航空会社のルートマップ ノードは空港で空港同志が直行便というリンクで結ばれる。少数のハムが何百という小さな空港とリンクされている。度数分布がべき法則に従うネットワークで、希少なハブがネットワークを一つにまとめている。

ランダムネットワークは除去されたノードがある臨界値に達するとシステムは突然分裂しバラバラになる。
スケールフリーネットワークは故障に強いが攻撃に弱い。大きなハブから順番に攻撃するとネットワークは数個のハブを除去したところでバラバラになる。

生命の代謝もスケールフリー どの細胞も小さなネットワークでほとんどの反応に関与するごく少数の分子(ハブ)がある一方で大半の分子は一つか二つの反応にしか関与していない。細胞のハブはATP(アデノシン三燐酸)、次がADP、水

企業の取締役ネットワーク 79%が一つの取締役会、14%が二つ、7%が三つ以上に参加している。複数の取締役会に参加している21%が取締役のネットワークをまとめている。

アジアの通貨危機 金融のカスケード故障(一つのハブが故障し他のハブに負荷を分散され、負荷が増した他のハブもどんどん故障して崩壊する) マクロな経済の相互依存性をネットワークの視点でみる

ウィルス・マーケティング Hotmailの成功 新製品やアイデアは、ハブ、すなわち消費者ネットワークの中の多数のリンクを持つノードに採用されることにより広がっていく。

15年前の本ですが、面白かった。今は、新たに何がわかっているのでしょうか。
20161120_074816新ネットワーク思考 - コピー


スポンサーサイト



プロフィール

nθmu

Author:nθmu
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR