FC2ブログ

木村元彦「オシムの言葉」

オシムはやっぱり偉大な指導者だったと改めてわかります。
日本で監督をしてくれたことはありがたかった。

IMG_20170729_124508オシムの言葉
スポンサーサイト



東野圭吾「カッコウの卵は誰のもの」

スキー選手の父子が主人公。血がつながっていないことに気づくが、どうしてなのか、誰の子なのか。
誰がどうして脅迫するのか、最後まで引っ張るミステリーです。

IMG_20170729_124400カッコウの卵は誰のもの

村上龍「55歳からのハローライフ」

定年前後のおじさんおばさんの短編が5編です。

離婚、結婚相談所、ペット、ホームレス、退職金、再就職 定年前後に出てくる問題が軸で、飲み物がアクセントのお話です。

終り方がよく、面白かった。

IMG_20170729_12441855歳からのハローライフ



池井戸潤「オレたち花のバブル組」

テレビドラマで堺雅人が演じた半沢直樹が主人公。ドラマ面白かった。
「オレたちバブル入行組」の続編でしたが、こちらを先に読んでしまいました。

ドラマ通りというかドラマが小説のイメージ通りだったのですね。
話はわかっていても面白かった。

IMG_20170729_124447オレたち花のバブル組

三上延「ビブリア古書堂の事件手帖」

ライトノベルというのでしょうか。軽く楽しく読みました。ドラマになっていましたかね。

古書堂店主篠川栞子さんは、人見知りで控えめですが本のことになると集中力が高く頭が切れ切れです。

IMG_20170729_124435ビブリア古書堂の事件手帖

東野圭吾「疾風ロンド」

久しぶりの娯楽小説で、止まらなくなる感じを味わいました。

奇想天外な設定、スピード感、映画っぽい感じで実際映画になっています。映画も面白いかな。

雪山が舞台です。

IMG_20170715_121456疾風ロンド

山下裕二、赤瀬川原平「京都、オトナの修学旅行」

2001年発行の古い本でした。美術、絵画の専門家で、少しだけ参考になりました。

IMG_20170709_105651京都、オトナの修学旅行

五木寛之「百寺巡礼 京都Ⅰ」

金閣寺 足利義満の豪華絢爛な私邸北山第、その中でもとりわけ力を入れて造ったのが舎利殿と天鏡閣。舎利殿は注目を集めて京童は金閣と呼んだそうです。義満はすごい政治家で大きな権力を握ったようです。気になる人です。

銀閣寺 足利義政が不仲の妻から離れて移り住み、山荘の造園に明け暮れた。銀閣寺と東求堂は当時のままに残っているそうです。7月に訪問して建物、庭、池、山を見て歩きました。雰囲気を持ったところでした。五木さんの言葉「喜ぶことは大事だが、悲しむこともまた大事である。希望をもつことも大事だけれど、絶望することも大事である。胸をはることも大事だけれども、また深いため息をつくことも大事である。いまはそんなふうみ、私は思っている。」

神護寺 空海と最澄ゆかりのある寺

清水寺 多くの人々が訪れる寺。ブラタモリでもやっていました。多神教的というか神仏習合的というか、宗派にこだわらずおまいりできる寺だそうです。庶民派といのでしょうか。桑原さんという方の言葉がありました。「それはやね、汚い金をきれいに使うのが文化ちゅうもんや」

また京都に行くときに、残りの真如堂、南禅寺、西本願寺、東本願寺、東寺、浄瑠璃寺の講を読みたです。

IMG_20170709_105637百寺巡礼京都Ⅰ



プロフィール

nθmu

Author:nθmu
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR