FC2ブログ

太宰治「津軽」

太宰治は教科書の走れメロス以外で初めて読みました。

津軽の方に興味があるときで、有名な作家の名前の本なので読みました。

小説ではなく、旅エッセイでしょうか。初めの方は、じりじりした心の中の話と、郷里の情報です。
心の中の話も、なるほど有名な作家のお話で引き込まれるところがあります。

すごいのが、最終章。静かなのに勢いがあって感動すら沸いてきます。
語彙もすごい。すごいっていう言葉を使いすぎていますが、短いお話ですがそう思いました。

「翌る朝、従姉に起こされ、大急ぎでご飯を食べて停車場に駆けつけ、やっと一番の汽車に間に合った。きょうもまた、よいお天気である。私の頭は朦朧としている。二日酔いの気味である。ハイカラ町の家には、こわい人もいないので、前夜、少し飲みすぎたのである。脂汗が、じっとり額に湧いて出る。爽かな朝日が汽車の中に射込んで、私ひとりが濁って腐敗しているようで、どうにもかなわない気持である。
・・・
やがて、十三湖が冷え冷えと白く目前に展開する。浅い真珠貝に水を盛ったような、気品はあるがはかない感じの湖である。波一つない。船も浮かんでない。ひっそりしていて、そうして、なかなかひろい。人に捨てられた孤独の水たまりである。
・・・
この辺からそろそろ国防上たいせつな箇所になるので、れいに依って以後は、こまかい描写は避けよう。
・・・
さて、古聖人の獲麟を気取るわけでもないけれど、聖戦下の新津軽風土記も、作者のこの獲友の告白を以て、ひとまずペンをとどめて大過ないかと思われる。まだまだ書きたい事が、あれこれとあったのだが、津軽の生きている雰囲気は、以上でだいたい語り尽くしたようにも思われる。私は虚飾を行わなかった。読者をだましはしなかった。さらば読者よ、命あらばまた他日。元気で行こう。絶望するな。では、失敬。」

太宰さんの言葉そのままです。

IMG_20170928_224332津軽










スポンサーサイト



水澤龍樹「日本のまつろわぬ民」

鬼、産鉄民族の話でした。
論理的な文章でなく、私には面白くなかった。

IMG_20170928_224241まつろわぬ民

東野圭吾「歪笑小説」

こういうお話、好きです。
小説家が主人公。出版社、編集者、文学賞、映像化。
いろいろな人が絡み合って、茶番みたいな実はリアルかもしれないみたいな業界のお話です。
こういう話というか、こういう冗談みたいな言い回しも好んでいるんだな。

「虚無僧探偵ゾフィー」
「撃鉄のポエム」
「煉瓦街諜報戦術キムコ」

流れで読むと面白いのです。

IMG_20170928_224257矮笑小説

井沢元彦「逆説の日本史17江戸成熟期」

逆説の日本史はを知っていましたが、初めて読みます。

最近呼んだ「地の果ての獄」でアイヌについて気になったので読んでみました。
表題は「アイヌ民族と幕府崩壊の謎」 大和民族以外の民族で、現在も日本人の構成員である人々は、どういう歴史を持ち、どのような経緯で日本人となったのか?『逆説の日本史』は「大和民族史」ではない。当然、彼らのことも採り上げるとしています。

縄文人は大和民族、沖縄人、アイヌ人の共通の祖先だが、本土にいる縄文人が渡来人と大々的に混血したため、沖縄人とアイヌ人との差が生まれたという説があります。民族の歴史を語るというのは、支配する民族、される民族があると、語り部はその民族との何らかの関わり方があるので、難しいですね。

平安初期に坂上田村麻呂が征伐したのは「エミシ」それ以降主に北海道にいた異民族を「エゾ(=アイヌ)」と和人は呼んだ。
征伐時のエミシの長奥州藤原氏は、和人系と東北土着のエミシ系(安倍、清原」との混血家系だがアイヌとは異なるというのが非特定説というそうです。
東北以北には和人、アイヌと異なる民族が古代から存在した。日本書紀に「粛慎(しゅくしん、みしはせ)」を討ったという記録がある。北方に「日の本」という民族もいた。「大和」が「日本」に国号を改めたのは聖徳太子の頃で、倭(大和)が日本を征服して国号を奪ったと唐書に記載されている。と書かれています
大和とかかわるアイヌの歴史について書かれていますが、初めて聞く事ばかりです。アイヌは文字の記録がなく、アイヌ側の記録から歴史を追うことは難しいようです。
アイヌが和人に侵略されていく歴史があります。アイヌは部族が団結して対抗することはなかったようですが、民族団結はいろいろな条件があってできることで、難しいことだと言及しています。
アイヌの三大蜂起
・コシャマインの戦い(1457)
・シャクシャインの戦い(1669)
・クナシリ・メナシ(1789)
安東氏、渡党、蠣崎家、夷島えぞがしま(北海道)、松前藩、林子平、松平定信、アイヌ勘定(シャモ勘定)、ロシア などの話

アイヌの歴史の後、国学の成立と展開、幕府外交と天保の改革、黒船ショックに話が続きます。

朱子学が国学となった悪影響について、ボロクソに書いています。
松平定信は名君と言われているが、実はこんなに悪かったという論調です。
言っていることはわかるのですが、言い方がスマートではないので反発する人も多いのではと気になります。
まあ、世の中の通説と違うことを主張すると、これくらいの論調になるのでしょうか。
歴史を見るには天皇教はじめいろいろな宗教観が背景にある事を考える必要があると言っており、なるほどと感じました。
自説が正しくこの歴史教育は誤っているという主張が、癖が強いですが、この本の面白さだと思います。この編以外でも何を書いているか気になりました。
週刊ポストに連載されていたので、歴史の記述以外でも主張を書いたのでしょう。
「平和真理教」の聖者土井たか子は憲法改正を唱える人間に対しダメなものはダメと言った。そういう人間の言う事は一切聞く耳を持たないという事で議論の拒否である。東大出の武市半平太が、「黒船なんぞ日本刀で追っ払える」というのと、「北朝鮮のミサイルなど恐くない。平和憲法で日本は守れる」叫ぶのは同じで現実を直視するのに激しい抵抗を示していると書いていました。2011年出版の本ですが、まさに今2017年北朝鮮に、核弾頭搭載ミサイルをのど元に突き付けられています。

抵抗感はあっても、このようないろいろな意見の話を聞いた方がよいと思いました。勉強になったと思います。
IMG_20170918_104331逆説の日本史17江戸成熟編

















松岡圭祐「ミッキーマウスの憂鬱」

ディズニーランドで働き始めた準社員の後藤大輔が主人公。
ディズニーランドに行ったことがないと、面白味が伝わらないかも。
ディズニーキャラクターは使用する時の権利や制限が大変と聞いたことがありますが、小説は大丈夫なのですかね。結構取材した感がありました。いろいろチェックされたのでしょうか。

IMG_20170902_072430ミッキーマウスの憂鬱


誉田哲也「月光」

月光はベートーベンの曲の名前。
高校が舞台の話で、ヒロイン、先生、悪い生徒が出てくる、ちょっとドロドロモヤモヤする話です。

IMG_20170902_072441月光
プロフィール

nθmu

Author:nθmu
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR