FC2ブログ

時事通信社政治部「国会の楽しい見方」

2018年7月発行
とても簡単でわかりやすく、私のレベルに合っていました。子供のころに社会の授業で習ったこともありました。
授業でならうようなことのほかに、予算案をどうやってつくるか、国会答弁、国会議員の特権、パーティーと後援会、世襲議員、俗議員、官僚のキャリアとノンキャリア、政見放送などなどの話題があり、面白かったです。
20190120121828969.jpg
スポンサーサイト



マイケル・サンデル「これから「正義」の話しをしよう」

ハーバード大学の人気講義「justice(正義)」をもとにした全米ベストセラー本。日本でも講義の一般公開を2010年に放送されました。
哲学の話しなのでなかなか読むのが大変。ですが、身近な話しや例えに置き換えて話してくれるので、なんとか読めました。
幸福、自由、美徳の問題は法律はいかにあるべきか、社会はいかに組み立てられるべきかというテーマにもかかわる、つまり「正義」にかかわる問題だ、ということから話しが始まります。
最大幸福原理-功利主義、リバタリアニズム(自由至上主義)、カントの動機と道徳、ジョン・ロールズの自分が何にも属さない仮説から導いた正義論、アリストテレスの目的論的思考など、いろいろな考え方があるという話しがありました。

・アリストテレス 美徳を身に付けるのか笛の吹きかたを習得するのとにている。本を読んだり講義を聴いたりして楽器の演奏を覚える人はいない。練習しなくてはいけない。美徳も同じ。「われわれは正しい行動をすることで正しくなり、節度ある行動をすることで節度を身に付け、勇敢な行動をすることで勇敢になる」「立法者は市民に習慣を身に付けさせることによって善い市民をつくる。それが立法者の願いでそれが実践できなければ失敗。善い憲法と悪い憲法の違いはこの点にある」道徳教育で大事なのは規則の公布よりも習慣づけと人格の形成

・行政府は善良なせいかつの意味に関して中立を目指すべきという考え方は、政治も目的は美徳を育てることだという古代の政治構想と異なる。カントとロールズは正しさは善に優先すると主張する。この考え方は「道徳的人間はみずから選んだ目的を持つ主体である」という信念を反映している。われわれは道徳的行為者として目的ではなく選択能力によって定義される

・家族の責務、愛国心は美徳か、バイ・アメリカンは不公平か、連帯は同族を優遇する偏見か、過去の国の過ちを現在の国民がどこまで責任を負うか

正義に対する三つの考え方
1 正義は功利性や福利を最大限にすること
2 正義は選択の自由の尊重を意味する
3 正義には美徳を涵養することと共通善について判断することが含まれる

マイケルさんの支持する見解は3の考え方に属します

20190120121813ce6.jpg

馳星周「ソウルメイト」

犬と人間の話。短編7つ。
チワワ、ボルゾイ、芝、ウェルシュ・コーギー・ペンブローク、ジャーマン・シェパード・ドッグ、ジャック・ラッセル・テリア、バーニーズ・マウンテン・ドッグ
犬を飼う心得を教えてくれます。
20190103095558818.jpg

米澤穂信「王とサーカス」

主人公は太刀洗万智。元新聞記者のフリージャーナリスト。旅行雑誌の事前取材で訪れたネパールのカトマンズで事件に遭遇します。後から紹介文を見ると、王宮の事件は実際に起きた話しのようです。
取材する側とされる側の問答が印象深かったです。伏線、そうだったのかという結末。
とても面白かった。
20190103095525805.jpg
プロフィール

nθmu

Author:nθmu
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR