FC2ブログ

大塚雄介「いまさら聞けないビットコインとブロックチェーン」

大塚さんはコインチェック株式会社という仮想通貨取引所の共同創業者兼COOという肩書きの方です。2017年3月に発行された本です。当時ブームで億り人という言葉が出てきました。平易に、素人にわかりやすく、冷静に書かれていて何となく状況のイメージがつかめてよかったです。
20190223111639077.jpg
スポンサーサイト



吉野源三郎「君たちはどう生きるか」

吉田さんは岩波書店の雑誌「世界」の初代編集長で岩波少年文庫の創設に尽力された方だそうです。次郎物語なんかは岩波少年文庫で読んだ覚えがあります。お世話になりました。

この本は1937年 昭和12年の戦前に発行されました。少年向けの本ですが、正直で純粋な少年の心根に触れて心が洗われる思いです。今の時代にとても売れているのは不思議ですが、少年少女でない人が読んでも、感じるものがあるいい本です。
201902222210350d2.jpg

池井戸潤「オレたち花のバブル組」

テレビドラマの半澤直樹2です。
オレたちバブル入行組と同様、テレビドラマと小説両方ともイメージが一致して面白かった。完全に、大和田常務は香川照之、金融庁検査官の黒崎は片岡愛之助として読みました。
2019021715071787a.jpg

池井戸潤「オレたちバブル入行組」

テレビドラマでやっていた半沢直樹です。
ドラマそのまんまで、主人公は完全に堺雅人のイメージで読みました。
脚本は小説に忠実で、どちらも面白かった。
20190217150657851.jpg

内田康夫「箱庭」

宮島厳島神社から物語が始まります。
広島、厳島神社に旅行の予定だったので、再読しました。残念ながら旅行は雪で飛行機が欠航となり、キャンセルとなりました。
内田さんの小説はミステリーですが、再読でも楽しめます。兄と兄嫁がからみ、意外に大きな事件でした。
201902171506445b4.jpg
プロフィール

nθmu

Author:nθmu
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR