FC2ブログ

朱野帰子「わたし定時で帰りますハイパー」

2019年発行
東山結衣、種田晃太朗さん、来栖くん、桜宮さん
ドラマの吉高由里子さん、向井理さんしか思い浮かびません。

20191228133104709.jpg
スポンサーサイト



石塚由紀夫「味の素「残業ゼロ」改革」

2019年発行
人事部経験のある社長が導いた改革。
なぜやるか、どうやってやったかが書かれています。

長時間労働の是正をワークライフバランスの枠組みでとらえる向きもある。ワークライフバランスの目的は仕事と生活の調和をはかること。仕事の効率化という観点ではない。味の素の働き方改革は会社ので仕事のために使ってもらう労働時間の効率性を問題にしている。そうじゃないとグローバルで通用しない。

長時間労働是正はワークライフバランスのためと言っても、もっと働きたい、仕事に集中したいと考える社員には届かない。私はすべての社員に仕事の効率を上げてほしいと求めている。「自分は長時間働いてもかまわない、自由に働かせてくれ」という主張は味の素の社員として許されない。 

海外の方、ダイバーシティ多様な人材に働いてもらうためには、働き方改革が必要。

会議の時間、移動時間、資料作成の時間

同じ悩みを持つ企業は多いと思いますが、やったことはすごい。さすがです。

20191228133050816.jpg

「パン屋さんケーキ屋さんになる本」

2001年発行
独立開業したパン屋さん、ケーキ屋さんの紹介と、成功例のポイントが書かれています。
松戸市パオ、山梨県アリコベール、熊谷市ハッスル、東村山市グラン・レーヴ、藤沢士ヴィタル、杉並区ベーグル、仙川シャトン静岡市ペルル・オランジェ、世田谷区ベッカライ・ブロートハイム、青葉区ベッカライ徳多朗、渋谷区ルヴァン
201912281328339cb.jpg

バイロン・リーズ「人類の歴史とAIの未来」

2019年発行。バイロン・リーズさんは技術調査会社ギガオムCEOでその他複数のハイテク企業の創始者だそうです。訳者古谷美央さんは東大教養学部特任助教授。
とても、かなり面白かった。気になるところを抜き出すと、ほとんど本を写すことになりそうです。
英題はTHE FOURTH AGE 第4の時代。人類史の中で新の変化は3度で、どれも技術がもたらした変化。4つ目の変化についての話。
ロボットや仕事、AI、意識に関する様々な意見の根本にある信条をかみくだいて説明しています。「人間とは何か」について考え方はいろいろあります。
第一の時代は言語と火 火で調理で得たカロリーを脳に使った。消化のプロセスの一部のアウトソーシング
第二の時代は農業と都市 農業により都市が誕生、分業をもたらす。格差が生まれる。
第三の時代は文字と車輪 外部記憶記としての文字。法典、貨幣の登場。大規模文明
第四の時代はロボットとAI

技術の倍加(2のべき乗)は想像以上の変化。
宇宙の大部分は数式で表せる。アポロ計画も数式でできていた。私たちは数式で記述できるだろうか。私たちの心も記述できるのか。コンピュータの限界(があるのなら)を理解するならこれに答えられなければならない。

3つの大きな問い
・宇宙は何からできている
 一元論 全て同一の物理法則に支配されていて、その法則を大部分知っている
 二元論 宇宙が2つ以上のものでできている。
・私たちが何だ
 機械、動物、人間の選択問題。
・「自己」とは何だ
 脳の巧妙なトリックか、創発する心か、魂かの選択問題。

狭いAI 農家にいつ種を植えるか知らせるAIをつくるアプローチ
1つ目 古典AI ファクター(土壌のタイプ、穀物の種類、雨量等)に適切な重みを付けたモデルを作成。
2つ目 エキスパートシステム 優れた農家100人に植え付けに関する全てのルールを書き出してもらい、それを利用する。
3つ目 機械学習 人がいつ種を植えたか、収穫高はどれだけだったかデータを集めてコンピュータに与え、収穫高を最大にするルールをコンピュータ自身に作らせる、逆向きのプロセス。

狭いAIはできないことだらけ。一つのことに特化するのが得意。それは私たちが1度に1つのことをするようにAIに教育することが得意だから。スペシャリストになればなるほど機械に置き換えられやすくなってしまう。

ロボットの課題
・自分が今どこにいるか把握すること
・物との相互作用。多種多様なタスクをこなるのは人間の方が大分上手。ドアを開ける。力の加減。知覚と触覚。洗濯物の山ををたたむこと。

ロボットとAIは私たちからあらゆる仕事を奪うのか 3つの結末
1全ての仕事を奪う
 前提1 人間は機械である
 前提2 人間は機械だから機械の人間をつくることもできる
 前提3 機械の人間は私たちと同じ、創造性も含む全ての知能を持つ
 前提4 意識を持つこの機械は私たちgはやりたがらない仕事をやりたがるし
 前提5 私たちは機械がやりたがっていようがいまいがそれを強制的にやらせ、事実上の機械の奴隷を作り出す
 前提6 機械でできた人間を作り出すことは採算が合う
 前提7  機械は圧倒的に安く高性能になり、人の労働力に比べ安く配置できるようになる
 前提8 機械に新たなスキルを学習させるコストと、機械を稼働させるためにかかるコストを足しても、人間に同じことをさせる場合の人件費よりも必ず安くなる
 前提9 人間は、機械にできないタスクを見つけることができない

2いくつかの仕事を奪う
 前提1 機械と技術によって、正味の仕事の数は減少する
 前提2 多くの仕事が失われていくペースが早すぎる
 前提3 十分な数の新たな職業が、十分なスピードで創出されない
 前提4 最初に仕事がなくなるのは低スキルの労働者だ
 前提5 彼らにやれる仕事は将来不足する

3一切奪わない
 前提1 機械が絶対にできるようにならない仕事がたくさん存在する
 前提2 世の中には、仕事は無限に存在する
 前提3 私たちは、とにかく何があっても働く
 
ロボットに奪われない職業はあるか
・ロボットにもできるが、おそらく絶対にやらない職業 アンティーク時計を修理する仕事
・ロボットになってほしくないと思う職業 バレリーナ、俳優、フットボール選手
・予測不可能な職業 企業のCEO
・高いIQ(社会的知性:SQ)が要求される職業 イベントプランナー、政治家、人質解放の交渉者
・現場でしかできない仕事 森林警備隊、電気技師
・想像力や抽象的思考が求められる職業 ロゴデザイナー、作曲家、コピーライター
・まだ誰も思いついていない職業

汎用人工知能(AGI)
脳を理解できるか。脳がやっていることをできる機械つくろうという試み
さらに。本当の知性をもつには、心を持たなけばならない。心は何でできているか。
心の特徴は「あなた」であること。「自己」とは何か。脳の巧妙なトリックならばAGIを作れる可能性は高い。創発する心ならば、少し難しい。心は魂ならば、AGIの実現は極めて困難。

AGIの2つの倫理問題 1倫理的にふるまうAGIをどうやって作るか 2どうやってそれを倫理的に使うか

意識を持つコンピュータは実現可能か。センシェンスと自由意志の2つの概念の理解が必要。
痛みを感じる証拠はあるか。犬、昆虫、植物、神経系を持たない宇宙人、無機は痛みを感じることはできるだろうか
意識を持つものと持たないものの境は。意識が主観的な経験の感覚。
意識はセンシェンスと異なる。センシェンスは痛みがあっても心の声がない
意識は知性とことなる。上の空で運転している状態は、意識はないが知性がある。

意識を持つコンピュータはあらゆる定義に照らして、生きている。意識を持つコンピュータは権利を持つか?

コンピュータは意識を持てるか、8つの仮説
仮説郡1 弱い創発
仮説郡2 強い創発
仮説郡3 物質の物理的性質
仮説郡4 量子現象
仮説郡5 意識は基本的なもの
仮説郡6 意識は普遍的なもの
仮説郡7 脳のトリック
仮説郡8 スピリチュアルな何か

コンピュータと脳がつながったら、人間であるとはどういうことか。人間の再定義が必要になる

インターネットがあきらかにした人間の6つの性質 インターネット前に手紙を書かなかったのに、Eメールを書いている、写真やブログを公開している
・他人とかかわりあいたい
・互いに助け合いたい
・クリエイティブでありたい
・影響力を持ちたい
・真実を知りたい


201912211409241b8.jpg

黒川伊保子「妻のトリセツ」

2018年発行。黒川さんは人工知能研究者、脳科学コメンテイタ、感性アナリスト、随筆家。多彩ですね。
女性の男性からすると意味のない会話について。女性は他人の体験を共感して感情の見出しがつけば自分の体験と同じように扱える。共感要求が強い。だから自分の身に起こったささやかなことを垂れ流すようにしゃべり合う(相手への知のプレゼント)→共感のプレゼント大会に参加せよ。オチがなくてもよい。共感するフリでいい。
名も無き家事について
男性脳は空間認知をして危機察知に神経を使っているので行動文脈が短い。同時進行でアレコレ家事をする能力は低く女性脳が求めるレベルの家事を要求すると3倍のストレスがかかる。だから名も無き家事と戦っている妻を助けることは不可能に近い。妻の爆発を防ぐにはねぎらう。さらに上を目指すなら名も無き家事の存在を知覚することからはじめよう。
妻の小言はセキュリティ問題と心得よう。女性脳は右脳と左脳をつなぐ脳梁が男性と比べて太いので連携がよく、直感力にすぐれ今感じている気持ちがすぐに言葉になる。連携が緩慢な男性は空間認知力が高いがメモ前の観察力は低い。同じ家事をしても夫と妻は見えているものが違う。
買い物の話
直感で選びたい女、比較検討で選びたい男。女性はあちこち寄り道する。男性は15万円の予算でも10万円の冷蔵庫のスペックも30万円の冷蔵庫のスペックも確認せずにいられない。全体を把握した上でベストをえらぶ腹落ちが大切。

楽しみには予告と反復を。サプライズは逆効果になることも。

本当にいい夫の条件は、時に妻の雷に打たれてくれる夫

20191214230500b8d.jpeg

井本邦昭」介護に役立つ人体力学¥

2019年発行。
かんたんな動作方法のコツが書いてある本です。
1章 介護がラクになる人体力学
相手の中心をつかまえる
密着、ひねり、腰を伸ばす
2章 介護される人がラクになれる人体力学
腰が下がって胸が縮んだ体形が嚥下や呼吸などの問題と関係している。予防の体操やノドに詰まったときの対処方法
3章 介護する人が疲れないための人体力学
腰痛体操
など
20191214113917d76.jpg

みやすのんき「誰も教えてくれなかったマラソンフォームの基本」

みやすのんきさんは漫画家で、なんと50歳過ぎてからサブスリー(フルマラソン3時間以内)で走ったそうです。すごい。
筋肉とか骨の使い方が書かれていて、面白いけどちょっと難しかった。何度も読み返したほうがよさそうです。
SSC(ストレッチ・ショートニング・サイクル)という言葉がでてきます。これがよく理解できない。筋肉が素早く伸長性収縮をした後の短縮性筋活動を意味する。主要なメカニズムは伸長反射ですが、腱の弾性エネルギーの蓄積と利用、予備緊張、ゴルジ腱反射に対する制御機構など複合的に関わっている、という説明。大臀筋やハムストリング、腸腰筋などの股関節筋群のダイナミックなSSCがランニングの効率を飛躍的に向上させるそうです。
最後に3つの要点が書かれているので、写します。
1.末端部分を意識しすぎない。股関節から足を動かすようにする事。大切なのは上肢帯と骨盤からなるブレない身体の軸と股関節筋群の動き。
2.末端部分を意識しすぎてはいけないが、接地と離地の丁寧さはマラソンで大事。着地で地面の反力を足裏全体で素直にもらい、ふくらはぎの筋腱スティフネスを使って推進力に繋げていく。離地で膝や足首で蹴るのは無駄でしかない。
3.たえずリラックスを心がけ、走る効率を意識する。マラソンの後半、疲れたときこそ頑張らないで、ピッチを維持してフォームノ修正のみ意識する。力みは筋肉の硬直を生む。すなわち身体の巧緻性と俊敏性を奪ってしまい、ランニングエコノミーの低下につながる。

20191206231723ccb.jpg
プロフィール

nθmu

Author:nθmu
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR